典型的大学生

どこにでもいる奴の生活

夢とかねぇ

日記。夢がない。

実際には子供たちが夢を見れるような学校を作りたいという夢はある。

が、やりたい職業はない。

 

ずっと悩んできた何年も前から。

 

周りの友達に聞いてもほとんどやりたい職業を持っている奴はいない。

 

その上、まるで英語の発音を恥ずかしがる中学生のように皆夢を言いたがらない。聞こうともしない。

 

夢や将来の職業を話さないくせに時間が来ると焦る。

 

ちゃんとやりたいことが固まってないから準備もしてない。

 

きっとこんな若者が自分探しの旅とか言うんだと思う。バカか。

 

なぜだろう。

 

答えはわかってる。

今まで周りに流され、空気を読み、アイデンティティもクソもない生き方をしてきた現代の若者が、急に「自分」なんて見えるはずがない。

見えるとしたらそれは「周りに合わせる自分」であり、結局は他人だ。

 

普通はこう・一般的にはこう・DJはKOO

そんなのを気にしてばっかり。

 

職業だけが夢じゃない。

けれどもいつかは働く。

 

何がいけないのか、教育制度か。

変えてやる。夢に対して1番悩んだ自分だからでた結論。

 

文部科学省で働きたい。

次の世代の子供たちが自信を持って夢を話す。

そんな素敵な世の中を作りたい。

だから、おれは文部科学省で働くことにした。

 

勉強しよう。変えるために。

きっとおれは何でもできる。

まだ間に合う。

 

いいオチが思いついたんだけど忘れたから終わり。

 

 

 

北朝鮮とか無視していい理由

日記。タイトルの通りですが無視しましょう。

 

理由はぼくの友達の話です。

 

ぼくは韓国人の友達がいます。

 

その子と北朝鮮の話をした時(ミサイルが通過した当日)にあんなのほっとけと言われました。

 

当然、なんで?(why Korean people!?)と、なりましたがその子の親は軍人でした。

 

本当に北朝鮮がやばいと思っていたら家に帰って来てないけど、私の親は毎日家で飯食ってるよ。

 

とのことです笑

 

なので、きっと大丈夫ですよ!

 

確信はしてませんが説得力はありました。

 

戦争が起こるのは怖いです。

戦争が起きたら自分で足の骨でも折ろうかと思います。

 

お願いだから平和でいてください。

 

バイバイ!

年金

日記。もうすぐ20歳の誕生日が来ます。

少し前にすでに20歳になった友達になにか変わったことはあったか聞いた時に「年金」と言われました。

 

実際は学生なので年金の支払いを延期できます。

 

しかし、年金の制度を知っていて合理的な人ほど年金を払いたくなくなるでしょう。

 

なぜなら、お金を払うのは義務なのに将来大したお金は戻って来ません。と聞きました。

 

少子高齢化うんぬんは皆さんなら頭良いからわかるでしょう。

 

そこで、日本年金機構というサイトで調べてみました。

 

そこには、年金は損得で考えないと書いてありました。 

 

なんでやねん。と。

 

まぁ、ここまで年金素人が年金を否定して来ましたがぼくは払います笑

 

だってもし将来老後のためのお金なんて貯められなかったらどうしますか。

生活できなくなってしまいます。

まぁ考え方はいろいろあります。

ぼくはちゃんと制度がわかってないし義務なので払います。

 

みなさんも年金とほこりは払いましょう。

 

 

 

 

インドアとアウトドア

日記。世の中にはインドアとアウトドアの人間がいます。スポーツだけではなく性格でもこのことは言えます。

私は元インドアで今はアウトドアです。

なので、インドアの気持ちもアウトドアの気持ちもわかります。

 

インドアはとにかくビビりで慎重です。

 

アウトドアは怖いもの知らずで好奇心旺盛です。

 

みんな違ってみんないいです。

 

だけど、性格の違いで少し困ったことになる時もあります。

 

例えば、アウトドアの人とインドアの人が共に旅行しようとしたとき、インドアの人は国内がアウトドアの人は海外に行きたがってるとします。

インドアの人はビビりなので飛行機が怖いです。

アウトドアの人は全然そんなこと考えてません。

 

アウトドアの人はこのときゴリ押しします。

これはアウトドアの悪い所です。

インドアはアウトドアに「中に入れよ!」なんて言いませんが、アウトドアはインドアに「外に出ろよ!」と主張します。

 

経験がありますか。

ディズニーで乗り物が苦手な人が無理やり乗せられるのと同じです。

 

ただ、インドアも過度に慎重なのは良くないです。

 

インドアの方はちゃんと意見を聞いてたまにはチャレンジしてみる。

 

アウトドアの方は無理に誘うことはなく、ちゃんと自分で選ばせる。

 

ちゃんと相手の気持ちを忖度しましょう。

 

バイバイ!

 

おっぱい

日記。今日は今までで最も真面目な話です。

ぼくはおっぱいが大好きですがみなさんはどうでしょうか。

幼稚園生の頃にはおっぱいの中に挟まって過ごす生活を夢見ていました。

 

ふと疑問に思ったのです。

なぜ男はおっぱいが好きなのか?と。

 

まずは予想してみます。

おっぱいはまず赤ちゃんの時に母親の母乳を飲むのが最初のはずです。そのように母親の安心感のようなものの代表として考えているのだと思いました。

 

調べてみました。

「卒乳」という単語が出て来ました。

私のことは嫌いになってもおっぱいのことは嫌いにならないでください!

さぁ、盛り上がったところでこの卒乳。

字の通りおっぱいを卒業することです。

でも、あなたたちは卒業したくなかったと。まだおっぱいを飲みたかったと。しかし、おっぱいと引き離されてしまったということです。未練があるんです。

 

ドーパミンが出る。

いわゆる脳内麻薬ですね。おっぱいによって癒されているのです。

 

男はおんなを見た目で選ぶ。

これは実感しています。美女と野獣カップルはいますがブスとイケメンカップルはぼくの周りにはいないです。男は顔とおっぱいで女の人を選ぶようにできているのです。

 

以上、男がおっぱいを好きな理由がわかったでしょうか。

 

おっぱいと物腰は柔らかくいきましょう。

 

 

100%ジュースの話

日記。

先日、ドリンクバーでオレンジジュースを飲もうとしたとき100%って書いてあるのに、透明な何かで薄めてるやんけ!って思いました。

そこには濃縮還元と書いてありました。

 

この濃縮還元、実は素晴らしいものでした。

 

100%のジュースは今まで産地から絞った状態で送るか、送って来てこっちで絞るかだと思います。

 

しかし、濃縮還元はジュースの水分だけを飛ばし重さを軽くして運べるのです。これにより一度にたくさん運べるようになりました。

 

運送費のコストカットができたおかげで値段も安くなったのです。

 

オチが思いつかないのでこれで終わりです。

 

 

 

選択

日記。

海外に行きたい。英語を身に付けたい。

名前の通り典型的な大学生です。

 

英語を身に付けたいと言うが、身に付けてどうしたいのか。の方が大事だと思う。

 

ぼくにはたくさんの夢があります。

英語もその中の1つです。

 

来年にはワーキングホリデーも考えています。

 

ぼくには彼女がいます。(煽り)

可愛いです。好きです。

 

彼女もぼくも遠距離恋愛はしたことないです。

前に話したときは遠距離恋愛はできないと言っていました。

 

ここで、選ばなければなりません。

 

自分のやりたいことか、彼女か。

 

ぼくはどっちも手にしたいです。できることなら一緒に行きたいです。

でもそれは不可能です。

 

海外に行っている間彼女に待っててもらうか、

海外を諦めて日常を送るか。

 

何かを得るためには何かを捨てなければならないのでしょうか。

 

考えてもわかりそうにありません。

 

乃木坂のひとりよがりがしみる。